おすすめはY字フロス!F字やロールタイプの使いやすさや価格を比較してみました

2023/11/15

レビュー

いろんなフロスの使いやすさ・金額の比較メイン画像

フロスを取り入れたいけど、どれを使おうか悩んでいる方。

Y字、F字、ロールタイプのフロスそれぞれ使ってみたメリット、デメリットを「ケチでめんどくさがり」な私視点で紹介します。

個人的にY字フロスがおすすめです。


この記事はこういう方におすすめ。

  • どれが使いやすいのか分からない

  • 安くて使いやすいフロスを知りたい


目次

歯科衛生士さんから教わったフロスのやり方

フロスする時の上から見た歯

フロスは歯と歯の間の汚れを絡めとる役割をしてくれます。

歯に沿わせながら左右に糸を動かしつつ汚れを絡めとります。

画像でいうと青線に沿わせて優しくゴシゴシと取っていくイメージです。

取れたらもう片方の歯に沿わせてゴシゴシとやっていきます。

ケースにフロスだけ入っているものや、持ち手が付いてるものなどがあります。

フロスをすることで知りたくなかった事実を知れたりしますよ...(-_-;)

一番やりすいのは「Y字フロス」

Y字フロスを握っている様子

持ち手をつかんで歯間にフロスを入れ込みゴシゴシするだけです。

歯垢の取れやすさではロールタイプ(フロスだけのタイプ)より劣ると思うのですが、Y字フロスは「やろう!」と思ったときにパッとすぐ出来る点が良いです。

ちょっと歯に挟まったときは、奥の歯間でも取りやすさバツグンです。

なんといっても片手で出来ちゃうのが個人的にうれしいポイントです。

ぼっち2200

歯磨きタイムは退屈なのでスマホ片手がちょうど良いです。


「ロールタイプ」はやりやすい?

ロールタイプのフロスを持つときの手

ロールタイプはケースにフロスだけが入っているものです。

フロスを40cmほど取り出し、上の画像のように両指に巻きつけてから歯間をゴシゴシします。

うまく使うことが出来れば、3種類の中で一番歯垢が取りやすいのですが個人的に難しいと感じます。

それにやろうと思ったときにフロスを切って指に巻き付ける工程があるので、めんどくさがり屋な人だとサボる原因になりかねません。

やるときは両手塞がりますしね。

ぼっち2200

なんだかんだ買ってみたけど慣れる前にやめてしまった私。


「ロールタイプ」を使うとほうれい線が気になる

毎日続けていたらほうれい線の原因になるのでは?と個人的に感じました。

私の場合、口が大きくないので奥歯が地味にキツイですし、これが毎日なのはちょっとやる気が失せます。

ぼっち2200

歯科検診(掃除もしてくれる)後はあからさまに老けます。


なのでほうれい線を気にする人、また口が小さかったり手が大きかったりすると続けづらいと感じる人もいるかもしれません。

結局なんでも慣れですけどね。


「F字フロス」はやりやすい?

F字フロスの絵

昔からある「糸ようじ」なんか実家でよく見かけましたね。

Y字の平たいバージョンなんですが、すべての歯間の歯垢を取るのは難しいです。

口が大きい人なら、F字フロスまるまる口の中に入れて奥歯からゴシゴシ...というのは危険ですし難しいです。


奥歯まで届く「F字フロス」

F字で持ち手が短い、奥歯の歯間まで届くタイプです。

ホワイトエッセンス フロスエフトリオ デンタル フロス F字 歯 歯間 ふろす 歯周病 口臭 (3個セット)


レビューにも「奥まで届く」コメントがあったので、これなら奥歯の歯間も難なくいけます。

持ち手が短いので奥まで入りやすく、親指で「グっ」と持てるので歯に沿わせやすく、奥の歯垢を取るのにもゴシゴシしやすいです。

ぼっち2200

Y字よりかさばりにくいので持ち運びしたい人にもおすすめですね。


お得なのは「ロールタイプ」

3種類で一番安く済みそうなのはロールタイプでした。

ロールタイプのフロス

近所で購入した一番お得なもので長さ50m税込み438円です。

1回使用するのに必要な長さが40~50cmなので約111回分です。

1回4円くらいです。

Amazonで調べると1個40~50mで300~700円前後が多かったのですが

1回0.4円の商品も発見したので、うまく使えるとコスパ最高です。

フロス 3個 50m 細い デンタルフロス (狭い 歯間フロス 强い フロス 歯 しかんフロス) 歯間清掃 携帯用 (計150m)


次にお得なのは「F字フロス」

Amazonでは沢山入ってお得な商品が結構販売されていました。

1回4円~のものが多かったですが、安かろう悪かろうをフロスで経験しているので

メーカーさんによってはたくさん入ってる分、ちぎれやすいってことも普通にあります。

ぼっち2200

とりあえず人から見える部分だけ掃除できれば良い人はこれで十分かもしれません。


使い方次第では一番?「Y字フロス」

Y字フロスは近所の店でお得なものだと、30本入りで税込み448円でした。

1回15円くらいです。

2,3回くらい使いまわしても平気な人なら逆にコスパ良く感じるかも...笑

フロスは使い捨てが基本ですが。

ぼっち2200

千切れる寸前まで再利用してしまう私はこれでコスパ問題が落ち着きました(自己満


Amazonだと2、3個セット販売が多く1回辺り14~26円の商品が多かったです。

多少高くても有名なメーカーのものを選んだ方が良いと私は思います。

ぼっち2200

とあるスーパーで買った謎メーカー30本入り245円は、ホント使い物にならなくて衝撃でした。


総合的に「Y字フロス」がおすすめ

クリニカのアドバンテージデンタルフロスY字タイプ30本入

おすすめなのはクリニカのアドバンテージデンタルフロスY字タイプ です。

再利用してもフロスがちぎれにくく丈夫で、持ち手が広く持ちやすいので、奥歯のゴシゴシも角度を変えてやりやすいです。

ぼっち2200

被せものがある歯間部分だと1回の使用でも糸が出てきますが。


クリニカアドバンテージ デンタルフロス ミント Y字タイプ 18本入×3個


その他「Y字フロス」はどうなの?

Y字のGUMフロスとクリニカフロスの糸部分

これまでメーカー名が謎な安物やGUM(ガム)のフロス を使いました。

GUMはクリニカと比べるとフロス部分が少し長めで、値段もわずかに安かったので買ってみたのですが

Y字のGUMフロスとクリニカフロスの持ち手部分

※あくまで個人的な意見です

糸がそこまでしっかりしておらず、クリニカよりもちが悪かったです。

また持ち手の形状的に、歯間に入れこむときや歯に沿わせてゴシゴシするのがやりづらいと感じました。

安物はとにかく千切れやすく、強制的に1回で取り替えないと使えないレベルでがっかりでした。

ぼっち2200

強制的に取り替えるから衛生的には良いかも笑


まとめ

うまく使えるならロールタイプのフロスが一番コスパが良いです。

ですが慣れるまでに時間がかかりますし、ほうれい線を気にする方は選ばない方が良いです。

糸フロスが難しいならY字フロスがおすすめです。なぜなら断然やりやすいからです。

使い捨てだとお得ではありませんが、使い回しでもいける人ならY字フロスのコスパはそこまで悪くないです。

ケチな私はこの使い方でコスパ問題をクリアしています(;^^)v


最後まで読んでいただきありがとうございます。

QooQ