【配送修理】iPhoneのカメラが故障!レンズから異音・真っ暗画面に

2023/11/07

スマホ

先日iPhone6SからiPhoneSE3に買い替えました。

6Sはまだまだ使えますが、今年中にアップデートの対象外になるとのことで早めに購入しておきました。(せっかち

そんな新しいiPhoneSE3が先日...カメラだけ使えなくなりました

こんなこともありました...

目次

新品iPhoneに浮かれているとき

iPhoneクイックスタートでデータ移行中の様子

8月10日にスマホのデータやSIMカードの移行を済ませました。

現在のデータ移行は、めちゃ楽で旧iPhoneと新iPhoneを近づけて画面通りに従うだけでデータ移行出来てしまいます!(iOSによるみたいです

あとは一つ一つアプリをインストールしていけば、私が使ってるアプリはほぼそのまま使用できました。


カメラが壊れた流れ

移行後の10日〜12日までは何事もなく使えており、落下もキズも0です。

13日、お盆ということでお墓参りへ田舎まで車で数時間運転しました。


田舎道

1時間以上の運転は久々で不慣れな道はめちゃ疲れました。

目的地に着くと目の前に広がる久々の田舎風景!すぐさまiPhoneカメラを起動し撮ろうとしました。

ここでカメラが起動せず「もう何てタイミング悪い子なの」くらいの気持ちでした。

それと同時に何か「バチッ」と鳴った気がします。

カメラが壊れるとは1ミリも思っていないので、エラー的なものかと思っていました。

真っ暗画面のiPhoneカメラ

ですが、それからカメラを起動してもこんな感じで写真やビデオなどモード選択できるけど真っ暗な画面。

何度かカメラを再起動してみたら1枚だけ普通に撮ることが出来ましたが、すぐにバチバチッとiPhoneから鳴るはずのない音が鳴りました。


iPhone SE3(第3世代)のレンズ

レンズをよく見るとレンズ自体が小刻みにブルブル震えていました。

その後は何も起こらず、カメラが起動することもありませんでした。(内カメラも同じく

明日になれば何かしら変化があるのでは、と軽く期待していましたが変わらずでした( ;∀;)

Appleへ修理申し込みした流れ

せっかちな私は早速Appleに修理を申し込みをすることに。(ネットで


申し込み画面を進めていくとひと悩み...


『カメラが正常に起動しない』を選ぶと次にカメラの表か裏、どちらかを選択する画面なのですが両面が選べない


カメラが両面壊れている事を伝える手段

備考欄的なのもなかったので、マスキングテープに書いて伝えることにしました。


表だけ直って帰ってきても嫌ですしね。


お盆中にも関わらず、申し込み翌日にはiPhoneを取りに来ていただけることに...



ドライバーさんが来るまでにやっておくこと


私の場合、機種変して数日しか経っていないので

  • SIMカードを抜く

  • 『iPhoneを探す』をオフにして初期化

  • 液晶フィルムを剥がす

くらいでした。


代わりのスマホは数日前まで使用していたiPhone6S。


データ移行後放置だったのでSIMカードを入れるだけで元通り...のはずがLINEのトーク履歴が復活できなくなっていました。


こういうやり取りがあったな〜ってのが振り返られなくなったのが少し残念でした。


そんな軽いショックがありつつ翌日。


配達員さんが取りに来てくれました


手ぶらできた配達員さん

ヤマト運輸さんが家まで取りに来てくれました。

SIMカードの取り出しをしっかり確認してそのまま持って行ってくれました。

箱詰めは?!と少し不安になりましたが...笑

傷一つない証拠を録画して残しました

念のため壊れたiPhone本体を撮影して、キズがない証拠を残しておいてよかったです(-_-;)

あとはひたすらAppleサイトの修理状況を眺める日々となりました。

修理に出して~帰還まで

iPhone SE3(第3世代)の修理状況

15日、ドライバーさんに託す。

17日、リペアセンターに到着。その日のうちに修理が完了...という名の交換という形で発送されることになりました。

修理から戻ってきたiPhone SE3(第3世代)の交換機

19日、新iPhoneが到着。新品から交換機というものになり若干萎え気味...

それでもって普通に使えるまでにちょっと手間取ってさらに萎え~でした...

カメラが壊れた原因を考える

それより原因はなんだったんだ?と考えていたら、1つだけ引っ掛かるものがありました。

壊れ気味だったFMトランスミッター

それは田舎まで車を走らせているときにずっと繋げていたFMトランスミッターです。

FMトランスミッターは、FMの電波を拾ってスマホから流れる音を車のスピーカーから出せるもの(合ってる?)で普段から使っていました。


壊れ気味だったFMトランスミッター2

だいぶ前から配線が丸見え状態になっていたので、テープで補強して使っていました。(よく見ると意味ない

音量が不安定でたまに電波が悪く?ブチブチ鳴ってました。

山道を運転中

壊れた数時間前、それをiPhoneに繋げた状態で山道を走っているときに結構なブチブチ音が頻繁に鳴っていました。

山奥だしそんなものだろう、と気にせず走らせていました。

iPhoneへのダメージがあるとしたら、これくらいしか考えられませんでした。

イヤホンジャックアダプタも使用していました

関係ないかもですが、イヤフォンジャックがないので変換アダプタを挿して使用していました。


FMトランスミッターを新しくする

購入したBluetoothのFMトランスミッター

これらが原因なのか不明ですが、それくらいしか考えられなかったので、これを機に新しいFMトランスミッターを購入しました。


FMトランスミッターを車に取り付けた様子

イヤホンジャック式からBluetooth接続のものに!

おもちゃ並みの軽さで不安でしたが、ちゃんと機能しました(*^^)v

無線でスピーカーから聴こえるということに、驚きと感動の嵐でした(古い車なので余計に

LINE通話も何度かしたのですが、しっかり機能しました(見くびりすぎ

まとめ

原因は壊れかけのFMトランスミッターを使い続けていたことだと個人的には思います。

それか運悪く不具合あるiPhoneに当たってしまった、くらいしか考えられません。

その後は不具合なく使用できています(山奥へは行ってませんが

iPhoneカメラが正常に起動しなくなった原因の一例として何かしら参考になる方がいればと思っています。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

QooQ