スイッチのコントローラーを充電しながらテレビで使うならJoy-Con充電グリップがおすすめ

2023/12/15

レビュー

スイッチのコントローラーを充電しながらテレビで使うならJoy-Con充電グリップがおすすめのメイン画像

ニンテンドースイッチ人気ですよね。

我が家にスイッチがやってきて以来、もう起動しない日がないくらい使っています。

大概の人はニンテンドースイッチ本体にJoy-Con(左右に分かれるコントローラー)を取り付けてゲームや動画を楽しんだりすると思います。

特にお子さんだったり、持ち運びで使う方だったりさまざまですかね。

switchドックに本体を差し込んである状態

中にはこのようにswitchドック(テレビに接続するために必要なもの)に本体を差し込む、テレビ画面での使い方がメインな方もいるかと思います。

子どもがいない我が家だとデカい画面の方が見やすくて特にです。


この記事はこんな方におすすめです。

  • テレビでスイッチを使ってるけど充電が毎回めんどう

  • コントローラー充電中もテレビでスイッチを使いたい

  • ラクに充電できるようにしたい

など、上記のことを感じている方やJoy-Con充電グリップってどう使うの?って方はご覧ください。

実際に使ってみての感想も交えて紹介します。


その他の買ってよかったシリーズ

目次

Joy-Con充電グリップの使い方

※スイッチの初回設定で「テレビにつなぐ」が完了している状態でのJoy-Con充電グリップの使い方です。

内容物は「USB充電ケーブル(左)」と「Joy-Con充電グリップ(右)」です。

Joy-Con(左右に分かれるコントローラー)をJoy-Con充電グリップにそれぞれ差し込んで

充電が必要になったら、USB充電ケーブルをJoy-Con充電グリップ(上の画像)とswitchドックのサイド(下の画像)に繋げるだけで充電が始まります。

この間、もちろん操作できるので充電切れを気にすることなく使用できます。

Joy-Con充電グリップが充電中はオレンジランプが付いている

充電中はこの部分がオレンジに光っていますが、終わると消えています。

充電終わっても差しっぱなしで大丈夫?と思われた方は、下の方で書いてますのでご覧ください。

Joy-Con充電グリップは片方はUSBType-C、もう片方はUSBType-Aになっている

ちなみにJoy-Con充電グリップはUSB Type-Cでの充電で、コードの長さは約1.5mです。


こういう人にJoy-Con充電グリップはおすすめ

主にテレビ画面でスイッチを使う人です。

スイッチを使っていると「ピピっ」と画面左上に「そろそろJoy-Conの充電が必要です」みたいな文が出てきますよね。

この時点で「はぁ~」ってなりませんか...

充電するためにJoy-Conをswitchドックまで持ってきた様子

手元にあるJoy-Conをわざわざswitchドックまで持っていき、本体に2つガッチャンコするのが面倒!と感じている人や

充電が必要なせいでゲームや見たいものを中断している...なんて人にはもってこいです。


Joy-Con充電グリップの良い点

差すだけ・充電しながら使える

主にテレビ画面でスイッチを利用するので、以前まで充電中はスイッチを使わず過ごしていました。

※ドックに設置してる本体にJoy-Conを取り付けて充電するため

が、Joy-Con充電グリップを使うと充電するときはコードを差すだけなのでそういった時間はなくなります(*^^)

差しっぱなしにしておけば充電するという概念がなくなるようなものです。

充電コードの差しっぱなしによる過充電はないようなので(100%になったらそれ以上充電されない仕組み)そこまで気にすることはないかと思います。

ですが、スイッチのバッテリーはリチウムイオンバッテリーを使用しているので、どんな使い方だろうとバッテリーの劣化はあるということを頭に入れておいたら良いかと思います。

参考:Nintendo Switch サポート 充電時のご注意

一つにまとまる

Joy-Conがバラバラにならず片方だけ無くなるという心配がないですし、机を掃除するときもラクです。

ま、これはスイッチに元々付属しているJoy-Conグリップも同じではありますが...

Joy-Con充電グリップの裏側・ストラップフックがある

またストラップフックもついてるので元々スイッチに付属しているストラップを付けて、かける場所なんか作ってあげれば机の上もスッキリします。


操作性

Joy-Con充電グリップは握りやすく、ないときと比べても操作しやすい

以前は操作するとき必ずJoy-Con2個持ちでの操作でしたが、片手でひょいと手元に持ってこられるだけでもラクに感じます。

操作性という面でもしっかり握れる部分ができたので、昔ながらのゲームに慣れている人間にとってはゲームもやりやすく感じます。


Joy-Con充電グリップの気になる点

Joy-Con充電グリップは半透明なプラスチックで出来ている

グリップ部分はTPUというプラスチック素材でできており、透けているのも相まって高い所から落としたりでもしたら...と若干不安が。

任天堂の純正品ではないですがこんなものもあります。

私と同じように感じたり、キズや汚れが気になる方はJoy-Con充電グリップにカバーを取り付けて使用するのも良いかと思います。


Joy-Con充電グリップの価格

Amazonや楽天などでは2400円~2800円前後で販売されています。

ぶっちゃけスイッチという高価な買い物をしたのに、充電を快適にするためだけにわざわざ買うのも...と躊躇していたのですが買って正解でした。

充電以外にも良いと思うポイントは人それぞれあると思いますが...。


検索しているとたまに、ただのJoy-Conグリップ(充電できない)も表示されて見た目同じなのに激安!と勘違いしてしまうこともあるので気を付けてください。

まとめ

switchドックに本体を差し込んだままテレビでスイッチを楽しむ方にJoy-Con充電グリップはおすすめです。

充電しながら使えるのでゲーム途中に焦る必要もないですし、充電を促す画面が出てくることもないのでわずらわしさも減ります。

充電ケーブルを差しっぱなしでも過充電にはなりませんが、リチウムイオンバッテリーのためなんだかんだ劣化は避けられないです。

任天堂の商品ではありませんが、Joy-Con充電グリップ用のカバーも販売されているのでキズや破損の心配がある方は購入してみると安心ですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

QooQ